野菜写真

安蔵里野菜は、子供のように手間ひまかけ、大切に育てられています。

地域の篤農家のみなさんといっしょに、安心安全でおいしい野菜について考えました。その野菜とは、農薬未使用有機野菜、いとしま減農薬野菜、自然農野菜、自然栽培農法野菜の農家のみなさんのおすそわけ野菜のこと。

「安蔵里野菜」はその良心的で健全な農家のみなさんと選荷した、「旬」にしか出荷しないセレクト野菜です。良質の野菜をしっかり食べていただきたい、そんな願いを込めて、古建築再生の地域拠点・野菜の直売所「食の蔵・伊都安蔵里」からお届けしています。

※ 【安蔵里の食卓】にて安蔵里野菜の「定期宅配」や「お試しパック」を取り扱っております

農家、そして、大地からのおすそ分け野菜。

安蔵里野菜のうち、「地場非慣行野菜」、「おすそわけ野菜」、「自然農野菜」についてご説明します。

まず、地場の代々の農家の方が「旬」にこだわった季節感あふれる「非慣行農法の野菜」は、大地からのおすそわけといえるでしょう。(だからごめんなさい、ない時期はないのです。どうしてもというときにはハウス栽培野菜を別で購入してください)

つぎに、少量栽培のすきま栽培野菜も分けてもらいました。こちらは「農家のおすそわけ野菜」。自家消費用の愛情がつまっています。

そして、不耕起無肥料、鳥や虫と共生する混成栽培のたくましい「自然農野菜」。天然味あふれる独特の風味です。希少な野菜たちゆえ、数が少なくてほんとにごめんなさい。

根も葉も食べる。「旬」をいただく。

「旬」に先立つ「はしり」、「旬」の終わりを惜しむ「なごり」、そしてもっとも滋味が増す「旬」。安蔵里は思い切ってハウス栽培など旬以外の野菜を排除しました。

「旬」の野菜は捨てるとこなし。葉ものの根や根もの葉もおいしく食べられるのが安蔵里野菜。大量生産に向くよう品種改良された現代農業野菜以外の伝統野菜など、安蔵里がお届けする野菜、新しいレシピとともにご期待ください。

いちばんおいしい旬の野菜がたくさん穫れて喜ばしいはずなのに、市場価格が下がらないよう廃棄されるってヘンですね。安蔵里は農家の方が不利にならない契約で地域とともに野菜をお届けします。

農と生きる生き方。

年収が激減した新規就農の若者。黙々と営々と畑に通う木訥なベテラン農家。代を継ぐ意志でみっちり大学で研究を重ね戻ってきたUターンの若き跡継ぎ。地域の農家のみなさんとの出会いから、「農と食と家をむすぶ」このプロジェクトがスタートしました。

どんな困難にあっても笑顔を忘れないこの大地の人たちの、重いがぎゅっとつまった、いのちの野菜たち。「安蔵里野菜」はおいしい野菜を食べるプロジェクトでもあるけれど、大地と向き合う人たちのすばらしさを伝えるプロジェクトでもあります。

伊都安蔵里は、これからも「おいしい野菜をつくり食べるすばらしさ」を伝え、その野菜を産みだす「大地と向き合う人たちのすばらしさ」を伝えるプロジェクトであり続けます。

このページの先頭へ